So-net無料ブログ作成

ジャクソン・ポロック展に行きました [アート]

120504_151121.jpg


東京での展示は終わっちゃったけれど
GW中に「ジャクソン・ポロック」展に行きました。
若描きの時から力強い存在感があったけど、
最盛期の一歩手前くらいの頃が一番好きでした。
「星座」という絵なんか、ポロックにあるまじきパステルカラー。
裸のキャンパスが下からそのまま現れた場所もあって、それが無垢なのかな。やはり。

もうひとつ好きだったのは「白鯨」という絵。
美しい水色に浮かんでいる、拙いペン画のようなふりをしたモチーフたち。
細かなところまで、小さな人間みたいのが、雲のしっぽを掴み
海の生き物かもしれないけど、丸かったり、ねじれたものが
組み合って、なだれ込んでそこにいたり。
でも浮いていて、全体としても美しい。

最期はお酒でいかれちゃって、自殺みたいな交通事故で。
享年44歳だと画業はまだ半分という感じなんだな。残念なこと。
息子がアル中ですごく苦労した作家の小島信夫が
『うるわしき日々』という私小説?の中で「酒」という字は
ひどく醜い、と書いていたのを、なんとなく思い出しました。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 4

Ake

私この方存じていなかったので、美大でドラム叩いたり、演劇している娘に聞いたら、さすが知っていたよ(^o^)
筆で描かないで絵の具をビチョ~とハネさせて作品にしている人で、その描き方をドリッピングと言うとか☆
私も観たかったな(^^)
by Ake (2012-05-11 01:11) 

mamagirl

なんか、よかったよ、この人の絵。
お客さんは普段とちがって、20代とかが多かった印象です。
by mamagirl (2012-05-11 11:41) 

夏炉冬扇

今日は。
44歳ですか。どんどん仕事ができる年齢で、惜しまれますね。
上野の「里帰り展」に行きました。
by 夏炉冬扇 (2012-05-11 17:08) 

mamagirl

里帰り展、私も行きたいと思ってます。込んでいるのかなぁ....
by mamagirl (2012-05-11 18:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。