So-net無料ブログ作成

三菱一号館美術館へ行きました [アート]

101101_180452.jpg101101_180749.jpg101101_180526.jpg


東京駅丸の内口から歩いて数分のところに
新しい美術館ができました。
「三菱一号館美術館」というちょっと面白い名前ね。
(写真は正面玄関、中庭からの美術館、展示紹介ポスター)
「龍馬伝」でお馴染みの岩崎家が、当時草ぼーぼーだった
丸の内一帯を買い取って、この地に最初の洋風事務所建築を作ったのだそうです。
設計はジョサイア・コンドル。鹿鳴館、ニコライ堂を作ったお雇い外国人。
Wikiで見たら、お墓は護国寺にあるのですね。

この建物は1968年に取り壊しになったけど、
それが当時の工法をなるべく生かして忠実に再現されたそうです。
中に入ってびっくりするのはね、自分の靴音の大きさ。
木の床が当時の貼り方?なのか、すごく響くのです。
ヒールが当たると、こつーん、こつーん。
自分の足音にびっくりしちゃって、
床の中が空洞になってるんじゃないの、と思うほど。
この美術館に行くときはゴム底の靴がお勧めです。

展示は三菱のコレクションなんだけど、
やっぱり岸田劉生の「童女像(麗子花持てる)」はいいな。
もう一枚、岸田さんの「瓶と静物」というのもあって、
テーブルの上に瓶と果物がぽつりぽつりと置いてある。
見ていて、美しさのエッジが利いているんです。
いい絵って、みんなそういうところがある。
エッジの種類やスタイルは違うけど、
見る人をぎゅっと引っ張るのね。

思いがけない出品で面白かったのが、
「徒然草」(1431年写)とか、
マルコポーロの「東方見聞録」(1485年)とか。
ほー、これか…的な興味ですが。
徒然草、けっこう好きなんです。一通り読んだら面白かった。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

Ake

丸ノ内には三菱系列の本社が立ち並んでいるもんね!美術館が出来たのは知りませんでした。
私、いつもスニーカーだから、ここの床OKだわ(^.^)b
by Ake (2010-11-06 10:17) 

mamagirl

ちょっと迷路みたいにいろんな部屋をまわっていくの。
楽しいから、ぜひ一度!
by mamagirl (2010-11-08 11:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。